本文へスキップ


小松クラフトスペース

〒010-0001
秋田市中通4-17-9

℡ 018-837-1118

E-mail
komatsucraft★gmail.com
※★を@に置き換えてください



催事情報 

2月2日(金)~2月24日(土) 
会期中無休 

マリオから歌舞伎まで日本の古今を描き、「現代の琳派」との呼び声も高いニッポン画家・山本太郎。
この度、初の絵本『新しい昔ばなし・つなぎまちと130人のこどもたち』が刊行されたことを記念し、2018年まで秋田公立美術大学に准教授として赴任していたことでもゆかりの深い秋田市で作品展を開催する運びとなりました。
展示会では近年の作品のみならず、オリジナル浴衣や手拭い、絵本などを販売いたします。ぜひお誘いあわせの上、ご高覧ください。


展示風景 
 
 
 
≪山本太郎 略歴≫

1974 熊本県生まれ  伝統日本画の技法に現代的な要素を加えた「ニッポン画」を提唱
2000 京都造形芸術大学美術学科日本画コース卒業
2013-2018 秋田公立美術大学 アーツ&ルーツ専攻 准教授
2018-2022 京都造形芸術大学(現:京都芸術大学) 基礎美術コース 准教授
2022-京都美術工芸大学特任教授

主な展覧会
2008 個展「風刺花伝」新宿髙島屋(東京)/京都高島屋
2009 個展「山本太郎展 ~ニッポン画物見遊山~ 」美術館「えき」KYOTO(京都)
2010 個展「 古典 -the classics– Tales」第一生命南ギャラリー(東京)
2013 「The Audacious Eye」ミネアポリス美術館(アメリカ)
2014 「古画光臨—Coga Calling-」日本橋髙島屋(東京)
2015 「琳派からの道 神坂雪佳と山本太郎の仕事」 美術館「えき」KYOTO(京都)
2017 「開館40周年記念展覧会 おもかげものがたり」 島田美術館(熊本)
2020 「Ⅰ ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」サントリー美術館(東京)
2023 「シン・ジャパニーズ・ペインティング 革新の日本画」 ポーラ美術館(神奈川)

主な受賞歴
2007 VOCA賞 2015 京都府文化賞 奨励賞 2015 京都市芸術新人賞

主なコレクション

日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)、第一生命保険(株)、熊本市現代美術館、 任天堂(株)、(株)東北新社、Art Gallery of New South Wales(オーストラリア)、 国立ヴィクトリア美術館(オーストラリア)、ミネアポリス美術館(アメリカ)

オフィシャルサイト・山本太郎のニッポン画大全


 
山本太郎・トークイベント 「新しい昔ばなしの作り方」 

2月11日(日) 
1回目、2回目共に満席になりました
入場無料

近年の創作活動や初の絵本にかけた想いなどをお話いたします。聞き手は店主・小松和彦。  

絵本『新しい昔ばなし つなぎまちと130人のこどもたち』  
虚屯出版、2023年刊行、¥1,980(税込) 山本太郎が熊本県葦北郡津奈木町の住民とともに生み出した5話の“新しい“昔話を収録。 令和から語り継がれていくこと、100年後に残っている物語になることを目指して作られました。    

 トップに戻る