本文へスキップ


小松クラフトスペース

〒010-0001
秋田市中通4-17-9

℡ 018-837-1118

E-mail
info★komatsucraft.com
※★を@に置き換えてください)





催事情報 

12月7日(金)~12月25日(火)
  
【期間中無休】  
 
モンゴル モンゴル
 
 
上質なオーガニックカシミヤを使い、オリジナルニットウェアを制作するカシミヤプラス。モンゴル大草原で育ったカシミヤ山羊の産毛から丁寧に作りあげています。今年はデザイナー・渡部まみさんとコラボし、冬を暖かく彩り、心はずむような新作を発表しました。
また、鶴岡市アマゾン民族館の元館長・山口吉彦氏がモンゴル各地を踏査した際、収集した伝統工芸品や雑貨も展示販売いたします。


 展示風景
   
   
 

渡部まみ

都内の服飾専門学校卒業後、イトキン株式会社でニットデザイナーとして勤務する傍ら服飾専門学校の教職を執り若手の育成にあたる。
2007年、退職と同時に葉山に移住し、ニット作品を作り始める。 2008年、ブランドshort finger(ショートフィンガー)を立ち上げ、本格的に活動をスタートさせる。
著書「エコアンダリヤとサマーヤーンで編むバッグと小物」(学研プラス)
 

山口吉彦
1942年、山形県鶴岡市に生れる。東京農業大学卒業。フランスのボルドー大学、リヨン大学に留学。ペルーの日本語学校で講師となる。アマゾン奥地のインディオ集落などを調査。1994年、アマゾン民族館の館長に就任。2014年、閉館。
国際交流基金地域交流振興賞、NHK東北ふるさと賞、サントリー地域文化賞などを受賞。
モンゴルへは1997年から2003年にかけて合計5回渡航し、草原、アルタイ山脈の少数民族を調査。

 
 同時開催『男のきもの展』、『きもの冬支度
男もののお洒落なお着物、冬の和装に欠かせないコートや防寒草履などを出展しております。

   
 

トップへ戻る