artist file H菊池正氣(Seiki Kikuchi)



400年の歴史を持つ西ノ内和紙。その漉き手である職人・菊池正氣氏はその伝統を受け継ぎながら、現代に生きる工芸として息子の大輔氏と共に様々な造形に挑む。
菊池正氣
1945 茨城県那珂郡生まれ
茨城県無形文化財西ノ内和紙の漉き手

1981 オランダ・ロッテルダム(グループ展)
1986 メキシコ・プエブラ(グループ展)
1988 アメリカ7州11大学で和紙の紹介を行う
1989 国際紙会議茨城’89を開催
2004 荒井星冠氏と二人展(小松クラフト)
2012 桜井貞子氏と二人展(小津和紙ギャラリー)
2016 旭日双光章受賞
菊池正氣 菊地正氣2
西ノ内和紙とは
「西ノ内和紙」は、楮(こうぞ)の皮の繊維を漉いてつくられる。強靱で虫もつかず、保存に適するとともに水につけても破れにくい。そのため、古くは布の代わりに着物にも使われた。また江戸時代には商家が大福帳として用い、火事の際には井戸へ投げ入れて焼失を防いだといわれる。江戸時代は水戸藩の専売品であり『大日本史』にも使用された。
茨城県指定無形文化財。
紙のさとHP 


back
『小松クラフトスペース』ホームへ