artist file F本間幸夫(Yukio Honma)


本間幸夫
古来の技による独創
original and traditional

木の肌を生かし 木の風情を残した
土味に近い漆器をつくりたい
本間幸夫

木の持つ造形と神秘の表情

丹念な交感の末に一個の漆器となり暮らしに生きる

その柔らかさ、美しさは心を澄ませた人の生む神秘である

本間幸夫
本間幸夫 略歴

1947 東京生まれ
1967 木工芸術彫刻家 柴崎始に師事
1979 茨城の日本産漆に出逢い、手ぐろめによる精漆をつづける
1982 人間国宝 赤地友哉に師事
1992 茨城県奥久慈に自らの漆林を造成する
2011 「漆サミット」オーガナイザー

日本橋三越、新宿伊勢丹等全国各地で個展
東京荻窪で漆工房「荻房」を主宰
茨城県山北町で日本産漆を守るために組織された「壱木呂の会」の代表を務める。

関連LINK
本間幸夫HP
日経BP『技のココロ・漆』



back
『小松クラフトスペース』ホームへ